「ほっ」と。キャンペーン

皆既日食は・・・

c0153317_1417743.jpg
この写真は隣の喜界島で撮影された写真です。喜界島とはほんの少ししか離れてないのに奄美は曇りでした。でも太陽が隠れていき1/4の大きさになるまでは薄曇りでしっかり見えてました。しかし、肝心要の皆既日食の時は厚い雲の中に隠れてしまいました。ダイヤモンドリング観れなかったです。
 今回、一人で車の音や喧噪から逃れる為に農道の突き当たりの見晴らしの良い山裾に陣取りました。シートを広げ、バスタオルを枕に専用メガネで観察しました。ワンダフルです。鳥や虫達がどんな行動するのかも見たかった。太陽が欠けだすと冷やりした風が吹き始めました。太陽が1/4欠けた頃になるとカラスがねぐらに帰る時の鳴き声を出し居なくなりヒヨドリもまたうるさいくらいに飛び交っていたんですがヒヨドリも居なくなりました。完全に夕闇状態の時は蝉も鳴き止んでいました。蝶の乱舞も終わりでした。蝶に代わって小型の蛾が飛び始めました。夕暮れを待っていたかのようにツバメが現れ、しきり飛び回り虫を食べ始めました。印象的だったのはアカショウビン。美しい声で鳴きながら飛ぶシルエットでしたね。あの夕景には感動的でした。宇宙の不思議を実感しました。地球は凄い!感動のあまり涙が頬をつたいました。あの夕景?は一生の宝物になりそうです。あの雲、空の色、吹いていた風、虫の鳴き声、すべてが宝物です。
hanglooseのお兄さんが暗くなる様子写真撮ってますので見て下さい。

NHK  ←硫黄島の皆既日食
[PR]
by kamazzy2 | 2009-07-22 14:20 | 日々の暮らし
<< バイオディーゼルカー 皆既日食はアジトで >>